【カブ活】 「ファンド情報はどう活用する? 月次レポート&運用報告書 見方とポイント」 ファンドアナリスト 川上 雅人

米国株式取引なら時間外取引が出来るマネックス証券がおすすめ!
マネックス証券

auカブコム証券がお届けする、毎週木曜「カブ活」投資信託(ファンド)の情報が詰まった月次レポートと運用報告書。これらのレポートの見方とポイントについて解説しています。レポートの見方を覚えれば、ランキング情報などと組み合わせることによって良いファンドに巡り合えことができると思います。そして、日本株や米国株などの個別株投資にも活かせると考えています。ぜひ、ご視聴ください。■動画の内容は以下となります。0:00  はじめに(本日の内容)1:25 月次レポート、運用報告書とは?7:35 月次レポートの見方とポイント(日本株ファンド・Jテック+を例に)14:58 月次レポートの見方とポイント(外国株ファンド・グローバルAIファンドを例に)21:43 運用報告書の見方とポイント28:30 まとめ資産形成、分散投資アイデアの参考としてご覧いただければ幸いです。みなさまからのコメントもお待ちしております■講師 auカブコム証券 ファンドアナリスト 川上雅人■セミナー資料https://s20.kabu.co.jp/Members/TradeTool/PDF/MUS/20211125.pdf■セミナーアンケートはこちらhttps://questant.jp/q/88TM6XEL■投資信託選びは「ファンドスクエア」でhttps://fund.square.kabu.co.jp/#日経平均#つみたてNISA#NISA#投資信託#ポートフォリオ#年金#株#株式投資#投資#投資初心者#カブ活#インデックス#アクティブ#株価指数#米国株#2022年#投資戦略===・本セミナーは、情報提供を目的としており、特定の商品の推奨や売買に関する断定的判断の提供を目的とするものではありません。・当セミナーにおいて、信用取引、先物・オプション取引や外国為替証拠金取引(FX)を含む当社取扱商品の勧誘を目的とした商品説明やご案内等、および証券口座開設のご案内をさせていただくことがあります。・auカブコム証券のお取扱商品へのご投資の際は、各商品に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。各商品等は価格の変動、金利の変動、為替の変動等により投資元本を割り込むおそれがあり、また商品等によっては投資元本を超える損失(元本超過損)が生じるおそれがあります。・各商品の手数料等は、商品、銘柄、取引金額、取引チャネル等により異なり多岐にわたるため、具体的な金額または計算方法を記載することができません。手数料等の詳細は、当社ホームページ( https://kabu.com/cost/ )をご覧ください。手数料等には消費税が含まれます。ご意見、ご感想はこちらまで​cs@kabu.com​[商号]​auカブコム証券株式会社​[金融商品取引業者等の登録番号]​関東財務局長(金商)第61号/関東財務局長(銀代)第8号/関東財務局長(電代)第18号​[加入協会]​日本証券業協会/一般社団法人 金融先物取引業協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会​/一般社団法人 日本STO協会・金融商品の取引は、市況の変化等により価格が変動し損失が生じるおそれがあります。​・金融商品の取引にあたり、契約締結前交付書面の内容を十分にお読みください。​

松井証券【つみたてNISA】
「投資をもっと身近に、もっと手軽に」

LINE証券

【LINE証券の魅力】
・AIチャットでお客様のお取引を無料サポート
・たった3分で口座開設
・LINEポイントを使っての取引も可能!
・スマホで完結!充実した投資
いつも使っているLINEアプリで、数百円からあの有名企業の株に投資出来ます。

今なら口座開設で最大3,000円相当の株を0円で買えるキャンペーン中です!