【徹底比較】つみたてNISAで人気の「楽天・全米株式インデックスファンド(楽天VTI)」と「eMAXIS Slim米国株(S&P500)」

今回は、インスタのコメントやDMで、よくいただく質問をピックアップしました!
.
「楽天の全米株と『eMAXIS Slim米国株(S&P500)』どっちが良いですか?」とよく質問されますが、決めるポイントは、以下の2点です。
①ベンチマークの違い
②投資コスト(管理費用)
.
ベンチマーク(インデックスファンドが連動する株価指数)に関しては、楽天・全米株式の方が、投資対象が広く、小型株も含むため銘柄数が多い点が特徴です。
投資パフォーマンスを比較すると、相場が好調時に、楽天・全米株式のパフォーマンスが良く、逆に相場急落時はeMAXIS Slim米国株(S&P500)のパフォーマンスが良くなっています。
.
これは、一般的にハイリスク・ハイリターンと認識される小型株に、相場好調時は資金が流入される点などが、理由として挙げられます。
.
次に挙げられる点が手数料の違いです。
管理費用(信託報酬など)は、eMAXIS Slim米国株(S&P500)が圧倒的に安く、小型株を資産配分の中に入れておきたい!という方は、こちらのファンドの方が無難と言えます。
.
投資コストは、確実なマイナスリターンとなり、投資パフォーマンスを悪化されるので、手数料の安いファンドを選ぶのが無難です。
.
質問・コメントなどありましたら、何でもどうぞ!
.
———————————————
節約・資産運用の情報メディア「マネーの研究室」を運営する「橘 龍馬」です。

*「『りょうま』さん」と気軽に呼んでいただけると嬉しいです。

✍️ いつもはこんなことを投稿しています

・比較的堅実な資産運用
(つみたてNISA、投資信託、米国株)
・生活に役立つお金の知識、節約術
(楽天経済圏、スマホ決済、キャッシュレスなど)

ブログ「マネーの研究室」
https://money-laboratory-ryoma.net
———————————————