【米国株】銘柄研究:マイクロン・テクノロジー(CPU増産でDRAM需要は回復へ)(今中 能夫)

米国株式取引なら時間外取引が出来るマネックス証券がおすすめ!
マネックス証券

▼トウシルの記事はこちら楽天証券投資weekly セクター・投資テーマ編https://media.rakuten-sec.net/category/imanaka-weekly▼タイムスケジュール00:00 オープニング00:25 メモリ市況とメモリ需要の推移04:54 DRAMの市況05:06 NAND型フラッシュメモリの市況(2017年5月29日から)05:36 DRAMのスポット市況06:55 マイクロン・テクノロジー:テクノロジー別売上高07:20 マイクロン・テクノロジー:ビジネスユニット別売上高09:50 マイクロン・テクノロジーの設備投資:年度ベース10:03 マイクロン・テクノロジーの業績:四半期00:00 マイクロン・テクノロジーの業績00:00 まとめ#マイクロンテクノロジー#MU#DRAM#NAND#DDR5#半導体メモリ#DRAM市況#半導体▼投資にかかる手数料等およびリスクhttps://www.rakuten-sec.co.jp/web/company/risk.html楽天証券株式会社http://www.rakuten-sec.co.jp/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第195号、商品先物取引業者加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会Copyright (C) Rakuten Securities, Inc. All rights reserved.

松井証券【つみたてNISA】
「投資をもっと身近に、もっと手軽に」

LINE証券

【LINE証券の魅力】
・AIチャットでお客様のお取引を無料サポート
・たった3分で口座開設
・LINEポイントを使っての取引も可能!
・スマホで完結!充実した投資
いつも使っているLINEアプリで、数百円からあの有名企業の株に投資出来ます。

今なら口座開設で最大3,000円相当の株を0円で買えるキャンペーン中です!