9/12【毎週更新】自動売買資産運用【週次報告】を更新しました   9/2【不定期更新】自動売買資産運用実績【詳細】を更新しました

【高配当株・ポートフォリオ】株を安く買う方法と下落を抑えて市場平均よりも上昇を目指す米国高配当最強ポートフォリオ10銘柄紹介(S&P500・ナスダック100超え)

米国株式取引なら時間外取引が出来るマネックス証券がおすすめ!
マネックス証券

高配当株 米国株 ポートフォリオ バフェット太郎さんの著書「バカでも稼げる米国株等配当投資」を参考に 株の安い買い方や最適のポートフォリオ10銘柄をご紹介します。 米国株は株式市場は全世界の時価総額の約半分を占めており 参入障壁が高く競争優位性があり圧倒的な市場シェア高い営業利益率を誇る銘柄ゴロゴロあります 連続増配株も多く、長期投資には最適です。 そういった米国株の中でも永続的で安定したキャッシュフローが見込める企業で 株主還元策に積極的な企業が投資対象としてはおすすめです。 そのような銘柄へ分散投資が最適であり8~16社に分散する方法が 管理もしやすく、リスクを抑えて投資することができます。 そしてどのような銘柄を選定するかというと景気循環を考慮します 「回復」・・・ハイテク・金融 「好況」・・・資本財・一般消費財・サービス 「後退」・・・エネルギー 「不況」・・・生活必需品・ヘルスケア・通信・公益 それぞれの景気局面で有利なセクターがあり この景気循環を意識してセクター分散することがポイントとなります。 これを考慮して選びだした銘柄は以下の通りです。 この銘柄は、2002年からの投資成績を全銘柄算出して、 シャープレシオが高くそれぞれのセクターに分散できるように選定しました。 ①AAPL(アップル) ②MSFT(マイクロソフト) ③UNP(ユニオン・パシフィック) ④MCD(マクドナルド) ⑤CVX(シェプロン) ⑥PG(プロクター&ギャンブル) ⑦PEP(ペプシコ) ⑧JNJ(ジョンソン&ジョンソン) ⑨ABT(アボット・ラボラトリーズ) ⑩SO(サザン) この組み合わせで投資した場合 2002年から現在までで、年平均成長率は15.4% 最大ドローダウン-29.9%、シャープレシオは1.14となります。 S&P500やナスダック100に比べてリスクを抑えて 値上がり率が高い成績となり、非常に効率の良い投資を実現できます。 また、このポートフォリオをどのように運用していけば良いかですが 月1でポートフォリオ内の評価額を確認して 一番値下がり(一番低い額)の株を買い増すことをお勧めしております。 こうすることで、自然と安い株を買うことができ 高値掴みすることもなくなりますし、 景気循環を考慮して、その後の値上がりにも有利になります。 詳しくは動画にて説明しておりますので ぜひご覧ください。 ※あくまでも過去の値動きを基にした結果ですので 未来の成績を保証するものではありません。 投資は自己責任でお願いいたします。 ≪おすすめ動画≫ 【米国株・ポートフォリオ】有名投資家米国株ポートフォリオ比較~ウォーレンバフェットVSバフェット太郎VSエル~

【1億円貯める方法】米国株投資して10年で1億円シミュレーション~米国投資家エルさんから学ぶ~
【長期投資】改良オールウェザーポートフォリオでS&P500に圧勝
【長期投資・分析】ナスダックとS&P500のポートフォリオはどちらが最適解なのかついに決着
【長期投資】最強ポートフォリオ発表(S&P500に圧勝の米国株ポートフォリオ)
≪関連動画≫ 半永久的にお金が入るマネーマシンの作り方 バフェット太郎の投資チャンネル
貧乏人は知らない 金のなる木を買う たったひとつの方法 バフェット太郎の投資チャンネル
【前編】米国高配当株に投資するな!! バフェット太郎の投資チャンネル
【最短】カネ転がして生きていく FIREという生き方 バフェット太郎の投資チャンネル
≪目次≫ 0:00 イントロ 2:24 なぜ米国高配当株なのか 5:10 長期保有すべき銘柄 6:03 何社くらい投資するか 7:16 どの銘柄に投資するか 17:23 安く買う方法 22:34 まとめ #バフェット太郎 #市場平均を余裕で超えた #リスクを下げてリターンが上がる組合せ 高配当株 米国株 ポートフォリオ

松井証券【つみたてNISA】
「投資をもっと身近に、もっと手軽に」

LINE証券

【LINE証券の魅力】
・AIチャットでお客様のお取引を無料サポート
・たった3分で口座開設
・LINEポイントを使っての取引も可能!
・スマホで完結!充実した投資
いつも使っているLINEアプリで、数百円からあの有名企業の株に投資出来ます。

今なら口座開設で最大3,000円相当の株を0円で買えるキャンペーン中です!