【SBI証券より上】つみたてNISAに必須の楽天証券「定期売却」サービス

今回は、相場の急変・下落もあり、つみたてNISA・積立投資の出口戦略に大きな力を発揮する「楽天証券の定期売却サービス」をピックアップしました。
.
定期売却サービスを利用すれば、積立投資の終了時(つみたてNISAの20年後など)などに、暴落を軽減しながら(時間分散をしながら)、投資信託の現金化・換金が行えます。
.
SBI証券にも同様のサービスがありますが、楽天証券の場合、SBI証券の機能には無い
●定率指定の定期売却
●期間指定の定期売却
が行えます。
.
楽天証券「三種類の定期売却方法」
●定額指定の定期売却
●定率指定の定期売却
●期間指定の定期売却
.
→直近、ポイント還元方式の変更などで、お得度がタウンしていますが、定期売却に関しては、SBI証券よりも利便性が高いです。
.
質問・コメントなどありましたら、何でもどうぞ!
.
———————————————
節約・資産運用の情報メディア「マネーの研究室」を運営する「橘 龍馬」です。

*「『りょうま』さん」と気軽に呼んでいただけると嬉しいです。

✍️ いつもはこんなことを投稿しています

・比較的堅実な資産運用
(つみたてNISA、投資信託、米国株)
・生活に役立つお金の知識、節約術
(楽天経済圏、スマホ決済、キャッシュレスなど)

ブログ「マネーの研究室」
https://money-laboratory-ryoma.net
———————————————