9/19【毎週更新】自動売買資産運用【週次報告】を更新しました   9/2【不定期更新】自動売買資産運用実績【詳細】を更新しました

つみたてNISAおすすめ商品選び方!『楽天証券』と『SBI証券』TOP3!同じ商品(S&P500・オールカントリー)ならどっちで買うのがお得?

米国株式取引なら時間外取引が出来るマネックス証券がおすすめ!
マネックス証券

いつもご視聴頂きまして誠にありがとうございます☆☆ 本日は、つみたてNISAの商品の選び方についてお伝えしています☆ つみたてNISA商品180本の中で低コストかつ高いパフォーマンスで人気の商品は【楽天証券】では ・eMAXISSlim米国株式(S&P500) ・楽天全米株式インデックスファンド ・オールカントリー 【SBI証券】では ・eMAXISSlim米国株式(S&P500) ・SBI・V・S&P500 ・楽天全米株式インデックスファンド ・SBI・V・全米株式インデックスッファンド ・オールカントリー 2021年8月末現在で、若干ではありますがeMAXISSlim米国株式(S&P500)を楽天全米株式インデックスファンドがリターンでは上回っております。楽天全米株式インデックスファンドは米国株式の中小型株式含めた約4000銘柄に対して投資を行っています。また、楽天全米株式インデックスファンドと全く同じ投資対象でありながら、信託報酬が若干低く運用する事ができる、SBI・V・全米株式インデックスファンドも2021年6月末に設定されてから人気となっております。 S&P500とオールカントリーを楽天証券とSBI証券どっちで購入した方がお得かは、クレカ決済によりポイント還元が、楽天証券で楽天カードで決済を行うと1%・SBI証券で年会費無料の三井住友カードで決済を行うと0.5%となっており、楽天証券の方がお得となります。 ▼目次 00:00  オープニング 00:47 もくじ  01:16 つみたてNISAおすすめ商品の選び方 08:19『楽天証券つみたてNISA人気&おすすめ商品TOP3』について 12:30『SBI証券つみたてNISA人気&おすすめ商品TOP3』について 16:27 楽天証券・SBI証券同じ商品(S&P500・オールカントリー)ならどっちの証券会社で買うとお得? 18:52 投信保有ポイント還元サービス比較(S&P500オールカントリー) 12:50 まとめ ▼楽天証券つみたてNISAのはじめ方・やり方・商品選び【徹底解説】注意点も!!

▼自己紹介 1984年生まれ元証券マンのトキーです♪ 銀行預金・投資・保険・ポイント活用・キャッシュレス決済などを中心に、アプリの使い方やPC操作などを分かりやすく伝えていくことをモットーにしています。 ▼チャンネル登録よろしくお願い致します! https://www.youtube.com/channel/UCsLb4mx-GX3_9x0lS58xe3Q?sub_confirmation=1 ▼使用曲 Music Provided by NoCopyrightSounds:https://www.youtube.com/watch?v=iaKgF1Vf5bQ #つみたてNISA #楽天証券 #SBI証券 #S&P500 #オールカントリー

松井証券【つみたてNISA】
「投資をもっと身近に、もっと手軽に」

LINE証券

【LINE証券の魅力】
・AIチャットでお客様のお取引を無料サポート
・たった3分で口座開設
・LINEポイントを使っての取引も可能!
・スマホで完結!充実した投資
いつも使っているLINEアプリで、数百円からあの有名企業の株に投資出来ます。

今なら口座開設で最大3,000円相当の株を0円で買えるキャンペーン中です!