6/19【毎週更新】自動売買資産運用【週次報告】を更新しました   6/1【不定期更新】自動売買資産運用実績【詳細】を更新しました

テスラ株売られ過ぎ状態


米国株式取引なら時間外取引が出来るマネックス証券がおすすめ!
マネックス証券

なぜ、米国株式取引でマネックス証券がおすすめなのか?

・米国株取引で時間外取引が出来る国内では数少ない証券会社
通常、日本の証券会社では米国株は立会時間(6時間半)のみの取り扱いになります。
ですが、マネックス証券は立会時間前後の「プレ・マーケット」「アフター・マーケット」での取引が出来るので、最大12時間取引が可能となります。
時間外取引が出来るメリットはとてもあり、米国株取引を行う上でとても有利に働く事があります。

時間外取引が有利に働いた事例をひとつ。
昨年11月の取引時間終了後に、電気自動車メーカーテスラ(TSLA)がS&P銘柄に採用されることが発表されました。
その後、前日終値の13%超急騰しましたが「アフター・マーケット」が出来ない証券会社では指を咥えてみている事しか出来ませんでした…
しかし、マネックス証券であれば「アフター・マーケット」で取引が可能で利益を出す事が出来たかも知れません。
また、逆に悪いニュースが出た時に翌日の寄りまで持ち越さずに時間外取引で売る事で損失を最低限で抑えることが出来るかも知れません。

・米国ETFが実質無料購入のUSAプログラム※2021年2月23日現在
米国株を取引する際に意外と馬鹿にならないのが買付手数料です。
マネックス証券では、米国ETF9銘柄を実質無料で買えるUSAプログラム(米国ETF買付応援プログラム)があります。
プログラム内容は買付手数料(税抜)を全額キャッシュバック ※上限なし

対象商品は以下の9銘柄になります。
バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)
バンガード・S&P500ETF(VOO)
バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)
iシェアーズ・コア S&P 500 ETF(IVV)
SPDR S&P500 ETF(SPY)
ウィズダムツリー インド株収益ファンド(EPI)
ウィズダムツリー 米国株 高配当ファンド(DHS)
ウィズダムツリー 米国大型株配当ファンド(DLN)
ウィズダムツリー 米国株クオリティ配当成長ファンド(DGRW)

米国ETFで人気のVOO,VT,VTIなどが含まれているので定期積立をしている方にはとてもうれしいプログラムです。
※NISA用米国株口座では対象外など条件がありますので公式サイトで確認して下さい。


昨年滅茶苦茶の勢いで上がったテスラ株が下落。 テスラ株を最大組み入れ銘柄をしている昨年大人気だったARKKも下落。
「投資をもっと身近に、もっと手軽に」

LINE証券

【LINE証券の魅力】
・AIチャットでお客様のお取引を無料サポート
・たった3分で口座開設
・LINEポイントを使っての取引も可能!
・スマホで完結!充実した投資
いつも使っているLINEアプリで、数百円からあの有名企業の株に投資出来ます。

今なら口座開設で最大3,000円相当の株を0円で買えるキャンペーン中です!

最新情報をチェックしよう!