中野仁の自動売買詳細(1/5追加)

ここでは中野仁の自動売買の考え方と設定を公開しています。

現在、自動売買では約500万を運用しています。

 

自動売買とは?

ここでの、自動売買とはトラリピやループイフダンなどのリピート系のFXやETF等の自動売買の事を言います。

簡単に言うとお金を入れて、通貨等の一定の範囲で売買を繰り返す設定をして放置して置くだけです。

余裕資金や設定に気をつけておけば、裁量と比べてゆっくりですが着実に資金が増えています。(個人差あり)

基本的には誰でも出来る資産運用方法だと思っています。

始めるなら少額から始めて、理解が出来てきてから金額を増やしていく事をお勧めします。

 

自動売買の目標と考え方

中野仁の自動売買の最終目標は月20万の不労所得を得る事となります。

自動売買でコツコツ増やしつつ、入金もしつつ目標に近づけていきたいと思ってます。

自動売買の考え方としては通貨等でまったり増やす場面とリスクを背負って増やす場面と使い分けてます。

 

自動売買の方法と設定

現在、自動売買は以下の3通りで行っています。

トラリピ

(株)マネースクエアで運用しているトラリピです。

トラリピの設定や考え方はあっきんさん(@_akkin_nara)を参考にさせていただいています。

あっきんさんは通貨を絞ってスワップも考えてポジションを取っている方でとても参考になります。

 

トラリピ設定
通貨方向トラップ範囲一言
AUD / NZD両建てメイン1.02-1.06・サブ1.00-1.15金利差から基本売り目線の両建て中
EUR / JPY売りメイン0.85-0.94下目線の為、停止中
EUR / GBP売りメイン129-140売りスワッププラス、127.5ラインより上で推移目線で設定

 

トラリピは大きく相場の方向が動かない限り、基本メンテ無しの放置気味です。

通貨がトラップ範囲から大きく外れると設定を変更したりします。

 

ループイフダン

(株)アイネット証券で運用しているループイフダンです。

ループイフダンの設定や考え方はYukiさん(@kawaselab)を参考にさせていただいています。

Yukiさんは認定テクニカルアナリストであり、AUD/NZDの分析はとても参考になります。

 

ループイフダン設定
通貨方向トラップ範囲一言
AUD/NZD両建て1.00-1.06、1.06近辺で両建て基本両建てですが、上下限に近づいた時に止めたり逆張りで数量を増やして調整
AUD/NZD売り1.06-1.08プラススワップで想定上限レンジに来たので追加

 

ループイフダンは細かい設定が出来ないので多少の裁量性が必要になります。

範囲内で細かく動いてる分には放置気味ですが、設定範囲上下限に近づいた時は調整をしてます。

 

トライオートETF

インヴァスト証券(株)で運用しているトライオートETFです。

トライオートETFの設定や考え方は鈴さん(@semiritaia_suzu)を参考にさせていただいています。

鈴さんは資産億超えで誰でも出来る色々な資産運用法を公開しています。リスクの考え方などがとても参考になります。

 

トラリピ設定
ETF方向トラップ範囲現在140-160まで稼働して分割待ち

 

トライオートETFはほぼ鈴さんの設定のままで資金の考え方や利確幅などを調整しています。

基本160近辺からは追いかけず、分割待ちと考えているので、上では資金が少なく、下では資金が多くなるので全体の資金割合が変わります。

 

自動売買の設定と考え方のまとめ

 

自動売買の資金割合はトラリピが50%、ループイフダンが45%、トライオートETFが5%ほどとなっています。

ただ、トライオートETFのTQQQが2021/1/21に1:2の分割が発表されましたので、その頃にはトライオートETFの資金割合を増やす予定です。