今日の株価ダウ上昇、ナスダック下落の理由|決算なるべく多く紹介|GDP発表、PCEデフレーター【10/28米国市場ライブ】生放送)日本一早い米国市場概況朝4:30~

  • 2022年10月28日
  • 2022年10月28日
  • 米国株

0:00 準備中
0:51 本編
■ ■ ■_ダウ上昇 ナス下落でまちまち_■ ■ ■
・キャタピラー、ハネウェル、マクドナルド決算好調
・メタ決算ミス売られる
・GDP+2.6%で予想上回る、PCEデフレーター予想下回る
・金利10年債3.95%(-0.06)2年債4.33%(-0.09)
・ECB0.75%引上げ

・10月カンザスシティ総合指数:-7 (+1)
Kansas City Fed composite index -7 in October

・9月耐久財受注:+0.4% vs +0.6 (+0.2)
Durable goods orders bounce less than expected in Sep; core figure turns negative

・3Q_GDP:+2.6% vs +2.3 (-0.6) PCE:+4.2% vs +7.3
Q3 GDP grows 2.6%, topping consensus, PCE price index growth slows to 4.5%

・失業保険申請:21.7万 vs 22.3万 (21.4万)
Jobless claims rise 3K to 217K

銘柄 決算 ガイ 株価 Memo
META X ○ -23% DAU+3%、MAU+2%、広告単価-18%
F ○ 1% レベル4撤回、自動運転ArgoAIで27億ドル減損
TDOC ○ ○ 6% 有料メンバーシップ5780万人10%増
NOW ○ 引下げ 12% サブスク収益 年率+28.5% 継続率98%
SHOP ○ 18% 売上高成長年22.3% サブスク収益+12%
MCD ○ 3% 世界既存店売上+9.5% 増収減益
CAT ○ 8% 売上高21%成長 自社株買いと配当で20億ドル還元
LUV X 3% 売上高成長+32%見通しも楽観的
MA ○ 0% 売上高成長+11% 成長やや鈍化を嫌気
MRK ○ 引上げ 1% 売上高成長+14%COVID回復が影響

・ラッセル:年末に米国景気後退の可能性
Money managers see recession coming, market volatility likely to persist

火曜日から土曜日の朝4時30分(米国市場が閉まる30分前)から米国株の市況についてお届けしています(米国市場の開催日に毎日行っています)。

■式次第
・今朝の米国市況ヘッドライン
 最新の経済情勢、要人発言をホワイトボードで解説
・市場概況
 指数、為替、金利、原油、先物を解説
・最新市況ニュース、専門家による最新解説の紹介
 市況の今後を予測する専門家コラムなどのエッセンスを紹介して解説
・個別株価の解説
 その日ニュースになった米国株銘柄をチャートで確認しながら解説
・視聴者様のコメントなど

※生放送の最初の準備中の部分をカットして再構成しています。
動画の案内はnoteとtwitterに載せます。
https://note.com/sumaitotoushi/
https://twitter.com/ZKj3aQR1ZFdmdDy
———————————————————————————————

※タイアップ、企業案件は視聴者様の興味・判断に役立つ方法で動画の企画として取材をお受けできるときがあります。
例)商材を紹介してほしい→商材の説明や打ち合わせの様子を動画で公開する企画

■関連動画
———————————————————————————————

■チャンネルのご案内
———————————————————————————————
メインのチャンネルではJリートや不動産投資、日本の今後を占うのに役立つ韓国経済など中心にお伝えしています。
https://www.youtube.com/channel/UCTtiQwLNT_nvz4OoOVvdVyw/videos

メンバーシップ動画は毎月コーヒー一杯ほどの金額で、Jリートの個別銘柄の動きや最新の不動産市況、米国株の今後に役立つマクロ経済の分析をお届けしています。
https://www.youtube.com/playlist?list=UUMOTtiQwLNT_nvz4OoOVvdVyw

第3チャンネルは趣味で作っている動画を載せています(予定)。
https://www.youtube.com/channel/UCNu9XVGZ4CEwmyj7TBwsn_w

#米国株速報
#市場速報

■MATERIALS
———————————————————————————————
BGM – MusMus