6/13【毎週更新】自動売買資産運用【週次報告】を更新しました   6/1【不定期更新】自動売買資産運用実績【詳細】を更新しました

今月購入するダウのテック株3銘柄【米国株 投資】

米国株式取引なら時間外取引が出来るマネックス証券がおすすめ!
マネックス証券

今回は、モトリーフールのウィリアムズさんの記事、「6 月に購入するダウのテック株3銘柄」を見てみましょう。 一つ目はマイクロソフト、ティッカーMSFTです。Microsoft の時価総額はすでに 約1 兆 9000 億ドルに達しているのに、さらにどれだけ成長できるのだろうかと考えるかもしれません。同社はほぼ毎年、収益を2 桁成長させています。 最大の成長セグメントは、利益率の高いクラウドベースのサービスとサブスクリプションです。クラウド インフラストラクチャ サービス プラットフォームのAzure(アジュール)は、今年の第一四半期において前年同期比50% の売上成長率でした。 2つ目はIBM、ティッカーIBMです。同社はクラウド コンピューティングへの移行が遅れており、過去 10 年間で売上高が減少しています。 しかし、IBMはようやくクラウド事業で結果を出し始めました。 3つ目はSalesforce、ティッカーCRMです。 同社はクラウドベースの顧客関係管理 cRMソフトウェアを提供しています。このソフトウェアにより、企業は顧客情報にリアルタイムでアクセスできます。また、クライアント情報の記録、サービスの問題のフォローアップ、オンライン マーケティング キャンペーンの管理、顧客の購入習慣の分析と予測もできます。 CRMソフトは、小売店やホテルなどの企業で使用されてきましたが、ヘルスケア、金融、工業など、他のセクターでも人気が高まっています。 Salesforce は CRM ソフトウェアで世界一です。 International Data Corporationによると、世界の CRM 収益のうち 20% はSalesforceが占めています。これは、2 位の競合他社の約 4 倍であり、2 ~ 5 位の合計よりも多くなっています。

松井証券【つみたてNISA】
「投資をもっと身近に、もっと手軽に」

LINE証券

【LINE証券の魅力】
・AIチャットでお客様のお取引を無料サポート
・たった3分で口座開設
・LINEポイントを使っての取引も可能!
・スマホで完結!充実した投資
いつも使っているLINEアプリで、数百円からあの有名企業の株に投資出来ます。

今なら口座開設で最大3,000円相当の株を0円で買えるキャンペーン中です!

最新情報をチェックしよう!
>2020年から始める資産運用+α

2020年から始める資産運用+α

2020年から資産運用を始めた初心者が、動画をまとめつつ、勉強をしながら資産運用をして資産がどのように変化していくのかを公開しています。
メインは自動売買で現在約500万の資金で月5-10万の利益を目標にしつつ、資金追加や利益等を再投資しながら増やしていくつもりです。
自動売買の週次報告、詳細報告公開中
他には日本株、米国株、つみたてNISA、コモディティ積立やってます。