S&P500のETF10銘柄(国内ETF、米国ETF)を徹底比較して解説します!

米国株式取引なら時間外取引が出来るマネックス証券がおすすめ!
マネックス証券

S&P500と連動するETF(上場投資信託)が人気ですが、銘柄数が多くて、投資初心者にとっては選ぶのが難しいかもしれません。そこで、買付手数料(楽天証券、SBI証券)、信託報酬や経費率、リターンなどを比較して、どれが自分にとっておすすめなのか、投資初心者にもわかるようになっております。人気のあるVOOや国内ETFのMAXIS米国株式も比較対象となっております。(比較銘柄:1547、1557、1655、2521、2558、2563、2630、VOO、IVV、SPY)また、為替ヘッジあり、為替ヘッジなしや二重課税調整銘柄についてもご紹介しておりますので、ぜひ最後までご覧ください!#SP500ETF #投資信託 #ETF比較#米国ETF #VOO #SP500比較 #投資信託比較#国内ETF #ETF二重課税調整 #投資●チャンネル概要FIRE(経済的自由)達成や資産形成をする上で、役に立つお金の情報を発信●プロフィール30歳。ファイナンシャル・プランナー(FP1級保有)として活動しており、両親や祖父母が達成したFIREを自分も達成するために、日々奮闘中。●経歴大学で簿記2級、証券外務員1種を取得。銀行に5年勤務した後に、現在は企業の資産運用部門で私募ファンドやETFの運用をおこなっている。

松井証券【つみたてNISA】
「投資をもっと身近に、もっと手軽に」

LINE証券

【LINE証券の魅力】
・AIチャットでお客様のお取引を無料サポート
・たった3分で口座開設
・LINEポイントを使っての取引も可能!
・スマホで完結!充実した投資
いつも使っているLINEアプリで、数百円からあの有名企業の株に投資出来ます。

今なら口座開設で最大3,000円相当の株を0円で買えるキャンペーン中です!